システムエンジニア 年収|フリーランス(フリーSE)仕事案件多数

システムエンジニア 年収 150万円|生計も立ちませんでした

フリーシステムエンジニア 年収

システム開発に従事しているシステムエンジニア(SE)の皆さんは、今の年収(給与)に満足をしていますか?

私は、最初に務めた会社に2年間務めた後、3年目からフリーランスでシステムエンジニアの仕事を始めました。

高卒だったのですが、最初に務めた会社ではあまりに給与が安く、独立をして1人暮らしをすることさえ叶えられませんでした。

手取りで月10万円あったでしょうか?

そんな状態が2年間も続いたので、私はその会社を後にしました。

当時の同期は、20名程いましたが、その頃には既に半数になっていました。

大卒や専門学校卒もいましたが、2年目にもらうボーナスの額が引き金となって、みんな居なくなってしまいました。

そこの会社では、それほどにもらえる年収が安かったんです。

ボーナスを含めて150万円程の、年収でした。


システムエンジニア 年収 300万円|フリーランスを始めたきっかけ

フリーシステムエンジニア 年収

私は、次の仕事もシステムエンジニア(se)の仕事に決めていました。

高卒で就職をした時にやりたいことが決められず、たまたま就職をしたソフト開発の仕事が、自分には向いていると思ったからです。

次の仕事に当てがなかったので、求人雑誌を見ながら、システムエンジニアの仕事を探しました。

すると、そこには「システムエンジニア月給25万円以上、経験者優遇」と、書かれていました。

その時私が思ったことは、「わずかシステムエンジニアの経験が2年しかない私でも、25万円も、もらえるものか?」と、いうことでした。

早速、広告主の会社に電話を掛けて、面接に行きました。

履歴書と、システムエンジニアとしての簡単な経歴を記入し、相手の担当者に手渡すと、「希望額は幾らを希望しますか?」と、訊かれました。

私は、ダメ元で思いきって「25万円希望します」と言ったところ、すんなりと決まってしまいました。

1年間の契約書を作成されて、私はその金額(年収)でシステムエンジニアの仕事に出向することになりました。

その時初めて、私は正社員ではないということがわかりました。

それが、私が初めてシステムエンジニアフリーランスとして仕事を始めたきっかけでした。

システムエンジニアとしての年収は、300万円になりました。


システムエンジニア 年収 420万円|足元を見る会社はたくさんある

フリーシステムエンジニア 年収

システムエンジニア(se)、フリーランスとして新たな現場に出向をしていると、同じフリーランスのシステムエンジニアとすぐに仲良くなりました。

彼に、私が月単価25万円で契約をしていると話したところ、「2年の経験だと35万円位が適正」だということを、教えてくれました。

私は、契約先の会社に月10万円も、足元を見られてしまったんです。

年収にして、120万円です。

本来なら、私は月単価35万円、年収にして420万円で契約ができたんです。

それが、フリーランスの相場を知らなかったばっかりに、契約先の会社に足元を見られてしまいました。

相手に契約金額を言わせ適性金額よりも安く言わせて、すぐさま契約をするというのは4次受け5次受けのような仕事しか廻って来ないような会社が、よくやる常套手段(じょうとうしゅだん)です。


システムエンジニア 年収|フリーSE 適正金額を無料で査定

フリーシステムエンジニア 年収

自分のスキル(経歴)における適正金額を知らなかったばっかりに、契約会社に足元を見られてしまいました

このようなことが起きないためにも、自分が今システムエンジニアフリーランスになった時、幾らくらいもらえるものなのか、無料で査定してもらえるのが「ギークスジョブ」です。

もし、現在の給与に不満がある方や、これから今システムエンジニアフリーランスを考えられている方は、1度個別相談をして査定をしてみてはいかがでしょうか?

その時割り出された、スキルによる査定金額にビックリすると思いますよ。

「本当に今の自分がこれほどの金額をもらえるのか!!」と驚くことでしょう。


フリーシステムエンジニア 年収


システムエンジニア 年収|「ギークスジョブ」の単価が最高額

フリーシステムエンジニア 年収

フリーシステムエンジニア(SE)として仕事をしたいのであれば、「ギークスジョブ」がオススメです。

「ギークスジョブ」では、個別説明会で疑問点等を質問すれば全て応えてもらえるので、初めてのフリーシステムエンジニアとしての不安材料を払拭することができます

会社と直接契約する場合、契約金額の足元を見てくる会社がたくさんあるので、「ギークスジョブ」の個別説明会で自分のスキル(経歴)では幾ら位の金額が妥当なのかを調べて、適正金額を知ると言うことが大切です。

「ギークスジョブ」では、仕事の契約金額も業界最高額なんですよ。

それは、契約者がたくさんいるので、人材を探している会社の方も「ギークスジョブ」に依頼をすれば、すぐに適している人材を紹介してもらえるということから、信用があるんです。

その影響で、大手の会社が直接人材募集の依頼をするんです。


SE 年収|「ギークスジョブ」の年収(単価)が高額な理由

フリーシステムエンジニア 年収

システムの仕事というのは、2次受け3次受けとなることによって、単価が安くなっていきます。

大元からは100万円で出された仕事でも、2次受けでは90万円になり、3次受けでは81万円になってしまうんですよ。

どこの会社も営業手数料という名目で10%の手数料をピンハネするからなんです。

中には4次受け5次受けなどの仕事もある位です。

4次受けでは73万円、5次受けでは66万円と、大元の金額と比較をすると、34万円の差がついてしまいます。

このようなことが最低40万円以下になるくらいまで、又受けが繰り返されているんです。

なるべく大元に近いところで契約ができた方がいいに決まっていますよね?

そういう意味でも、大元から直接依頼された仕事をいっぱい持っている、「ギークスジョブ」から仕事を受けた方が高額な年収で契約ができるという理由なんですよ。


システムエンジニア 年収|フリーSEになる方法がわからない

フリーシステムエンジニア 年収

私がフリーSEになった頃、今のようにフリーSE案件情報サイトなどというものはありませんでした。

私自身、フリーSEという職業形態があるということも知らず、たまたま応募した先がフリーSEの仕事だったということが始まりだったんです。

その頃は、フリーSEとして仕事をしている人も非常に少なかったんです。

最近では、プロパーとして仕事をされている人の中にもフリーSEという仕事形態は浸透していて、皆さんその存在自体はよく知っていると思います。

ところが、存在は知っていてもなり方がわからないという人がたくさんいるということがわかりました。

私の周りにもフリーSE(システムエンジニア)として仕事に参加したいという人がたくさんいるんですよ!!


良質な仕事(高額案件)多数 フリーランス求人サイト