システムエンジニア|今の給与で楽しく仕事はできていますか?

システムエンジニア|今の給与で楽しく仕事はできていますか?

システムエンジニアの方は、今の給与で楽しく仕事ができていますか?

現場に行くと周囲の社員は給与の不満ばかり言っています。

仕事が楽しいと感じない限り、必要とされる人材にはなれませんよ。

重要なのは、精神力です。

システムエンジニアに限ったことではないのですが、今の仕事はしょうがないからやっているなんてことはありませんか?

嫌々残業をさせられているのではないでしょうか?

仕事というのは、楽しくやらなければ、絶対に成長するわけがありません。

どの業界もそうですが、上でバリバリ仕事をしている人たちは、みんな楽しんで仕事をやっているんですよ。

確かに、開発中何かトラブルがあると、強制的に残業となり、何日も徹夜という状態が続くこともあるでしょう?

その時は、誰しも楽しんでいる人などはいません。

ただ、辛いだけです。

しかし、確かにその場は辛いのですが、上の方の人たちはその辛さを乗り越えた向こう側を見ながら、仕事をしているんですよ。

みんなそれぞれ辛い現場を経験し、その山を乗り越えてきた人たちは、辛さの向こう側を知っている人たちなんです。

辛さの向こう側には、達成感という喜びがあるんです。

最終的にものをいうのは、精神力なんですよ。

精神力を鍛えていって、徐々に大きな山を越えることができるように成長していかなければならないんです。


それには、まず給与が安いことはネックとなるので、まずは自分の実力次第で給与を上げられる環境へと転職をするんです。

正社員では、一定金額のベースアップしか望めないので、フリーランスになることをオススメします。

フリーになろうかどうかを悩んでいるのは、あまりにも小さすぎますよ!!

行動できない癖がついてしまったら、もう何もできない人間になってしまうかもしれませんよ!?



もらえるものがもらえないでは、話になりませんからね!!

重要なのは、正社員かフリーかではなく、システムエンジニアとして将来必要とされるかされないかということです。

システムエンジニアとして、将来必要とされていれば、一生システムエンジニアとしてやっていくことができると思いますが、どう思います?

でも、多くの人は、その先を見ています。

あくまでも、フリーシステムエンジニアというのは、将来の事業のための資金なんです。

私はこうして精神力を鍛えてきました

それでは、システムエンジニアとして、これから第一線でバリバリ活躍していく為の心得をお話したいと思います。

世の中には、真実の情報とガセの情報があります。

私が述べているのは、真実の情報です。

しかし、信用してもらえなければ、恐らく実践していくことはできないと思います。

精神力を鍛えて、山を乗り越えていくための技術を身に付ける方法なので、信じて実践していただければ幸いです。


精神力を鍛えて山を乗り越えていくための技術を身に付ける方法


まず、自分がこれから必要とされるSEに成長していくために、現れるすべての課題に対して、「逃げたら自分はそこまでの人間だった」と諦めて、この世からいなくなることを自分自身に誓います。

この世からいなくなることは、本気でそのように考えてください。

死ぬ覚悟で臨んでくださいということです。

自分自身に誓えば、そこには嘘偽りなどはありません。

このようにして、仕事に対する責任を自分の中に植え込むんです。

バカなことを言っているように思うかもしれませんが、その場から逃げたりしたら、自分はそこまでの人間だったと諦めることもできるでしょう。

システムエンジニアの仕事は、身近な課題として、納期が挙げられると思います。

しかし、この納期というものがバグによって、遅れてきてしまいがちです。

システムの規模が大きくなれば大きくなるほど、開発する人間も多くなり、当然そこには意志の疎通が計れないケースが生じてきて、バグが手に負えなくなってしまうんです。

それには、個人個人が任された仕事は、納期を厳守する必要があるんです。

納期が守れなかった時は、死を覚悟すれば、諦めて仕事をすることに専念することができるでしょう。

仕事というものは、そこまで重要なことなんです。

そこまでの意識を持たなければ、自分に甘えが出てしまうんです。

これは、SEに限らず、すべてのことに対して言えることなんです。

ここでこの方法を身に付けていれば、将来何をやってもうまくいく自分を作ることができます。

システム開発というものは、大勢で作業を行い、リーダーが仕事の管理をやってくれるので、自分の仕事の心配だけをしていればいいですが、管理する立場になると人を使わなければなりません。

人を使う時も、これが出来なかった時は、自分自身を終わらす覚悟で臨めば、必然と部下も迫力に負けて、いうことを訊いてくるはずです。

凄みを利かして脅かすのではなく、迫力で恐れられる立場になることができるんです。

それで、部下をコントロールして、自分のチームの納期を厳守していくようにします。

人は誰しも、本気の人には敵わないんです。

誰が一番命がけで仕事をするかで、その現場の上下関係が変わってくるんです。

後は、このことを全てのことに応用していけば、世の中何も怖いものなど無くなってくるんです。

ギークスジョブ

関連ページ

システムエンジニア FREE
システムエンジニアはフリーになることにより、自分で仕事を取ってきて、他のシステムエンジニアと同様にシステム開発に携わることになります。
最後の踏ん切りがつかない
多くのSE(システムエンジニア)が、フリーSEになる最後の踏ん切りがつかないと言います。しかし、彼らは、個別説明会で自分がもらえる単価を知ることにより、9割の人が踏ん切りをつけてフリーSEとして働いています。
FREELANCEとは?
フリーランスとは、個人事業主です。システムエンジニア(SE)の場合を例に解説します。
激務|FREELANCEだから乗り越えられた
システムエンジニアの仕事は相変わらず激務です。私は、最高の激務だった現場をフリーランスだったから乗り越えられました。
将来性
システムエンジニア、webデザイナー、itエンジニアの将来性に不安を持つ人がいます。そのような方に向けて不安材料を払拭できる説明をします。
女性|転職するならFREE
システムエンジニア(SE)をされている女性の方で、転職をお考えならフリーランスをおすすめします。
未経験
未経験の方の中にも、システムエンジニア・webデザイナー・itエンジニアの仕事をしたいという方がいると思います。1度個別説明会を受けて、相談してみてはどうですか?
FREE seは5年目からがおすすめ
se(システムエンジニア)フリーランスの世界では、学歴等関係ありません。実力が物をいう世界です。4年間はじっくりと初めの会社で教育を受けて、5年目からフリーSEになるのがおすすめです。
ギークスジョブは50歳未満登録可
システムエンジニアフリーランスの仕事は、40歳を超えると激減すると言われています。「ギークスジョブ」は50歳未満まで登録可能です。
派遣ベースと受託ベース
システムエンジニアの仕事には、契約形態が派遣ベースと受託(在宅)ベースというものがあります。
受託ベースはプログラマーの仕事
seフリーランスの受託(在宅)ベースという契約形態は、一番面白くてやりがいのあるプログラマーの仕事です。
良質な仕事案件多数
Free Seの良質な仕事案件(求人情報)を多数抱えており、高額年収の契約者を多数排出しているサイトのご紹介。
転職
システムエンジニアをされている皆さん、フリーランスという選択肢もあるのをご存知ですか? 私が紹介したSEは、みんなフリーシステムエンジニアとして仕事をしています。
求人
ネットのフリーSE求人サイトが、良質な仕事を大量保有している理由を解説。
se受託モデル
私の友人は、フリーse受託(在宅)ベースの仕事をもとに、コンピュータ会社を設立しました。そのモデルを紹介します。
良質な仕事
間に会社があまり入らないFree System Enginerの良質案件を多数保持。1度契約が成立したら絶対に手放したくない会社です。
単価
システムエンジニアの仕事を、派遣ベースでしてきた私は、仕事を受けるか受けないかは月の単価が60万円を判断基準にしてきました。 |
SE FREE
「Free Se」の年収と求人。初めて「Free Se」なる時は、業界の相場がわからないと足元を見られる可能性があります。
se派遣ベースモデル
私はリスクを負いたくなかったので、フリーse派遣ベースで仕事をやってきました。
辞めたい は、FREELANCEのチャンス
システムエンジニア(SE)の仕事を辞めたいと、思った時がフリーランスになるチャンスです。
未経験
システムエンジニア未経験の人がseになるには!?seになるのなら、こうするべきと有利な方法を提案します。
年収(給与)
システムエンジニア(SE)の年収(給与)は、決して良いものではありません。自分で増やして行く行動をしない限り、満足のいく金額にはなりません。
本当のピンチを乗り越える力は身に付ける
会社が潰れてしまった時、プロパーの経験しかない方はジタバタするだけで、転職するのが関の山です。その点、フリーSEなら、会社が潰れる心配も無いですし、次の仕事を探せばいいだけです。
年収アップ 口コミ
フリーSE(システムエンジニア)になって、年収アップした方々の口コミです。皆さん立派な経歴の持ち主ですが、私みたいに高卒でも約30年間続けて来れました。