SE(システムエンジニア)求人|フリーランス仕事案件多数

システムエンジニア(SE)求人|フリーランスとは個人事業主のこと

SE システムエンジニア 求人

フリーランスというのは、個人事業主のことを言います。

個人事業主とは、自分自身が1つの会社なので、会社が行う全ての作業を自分自身で行わなければ、ならないんです。

主な作業として、営業・作業・経理の仕事となります。

営業というのは、自分が行う仕事を取って来ること。

作業は、取って来た仕事のノルマを毎月粉していくこと。

経理というのは、自分の1年分の収支報告を作成し、税務署に申告を行うこと。

通常、会社では担当者を分けて行っていることを、自分1人で全て行わなければならないんです。

というと、物凄く大変なことだと思うかもしれませんが、実はそれほど大変なことではありません。


システムエンジニア(SE)求人|ネットの求人サイトの仕事が1番条件が良い

SE システムエンジニア 求人

まず、営業の仕事ですが、SE(システムエンジニア)がFREEとして仕事を始める場合、昔はツテなどを頼って仕事をもらう場合が多かったです。

知り合いの会社でFREEとして求人を行っている会社があれば、そこから仕事をもらって始めるというケースです。

私は、求人広告に応募した先の仕事がたまたまフリーランスとしての仕事だったので、それからFREEとして仕事を続けています。

現場で新たに知り合った会社の営業の方を紹介してもらい、条件の良いところと次の契約をして行き、どんどんと営業窓口を増やして来ました。

私は、そのようにして営業先を増やし、条件のいいところと契約をしてきました。

ところが、ここ5年間はネットのFREE SE求人サイトからの仕事しかやっていません。

なぜなら、ネットのフリーSE求人サイトからの仕事が1番条件が良いからなんです。

これからFREEでSEを始めようとしている方は、ネットのFREE SE求人サイトで契約をして仕事を始めるのが1番良いと思います。

また、現在FREE SEとして、仕事をしている方も、1度ネットのフリーSE求人サイトで自分の単価を見積ってもらえば、現在の単価よりも条件が良い仕事にありつけることが確認できると思いますよ。

ここさえ知っておけば、他の営業先は必要無いと思うのですが、いつ何が起こるかわからないので、フリーで仕事をしている間はどんどんと営業窓口を増やして行き、いざとなった時、いつでもそこの会社からお世話になれる状況を維持しておくようにしましょう!!


システムエンジニア(SE)求人|ネットの求人サイトの仕事が1番条件が良い理由

フリーSE システムエンジニア 求人

ネットのフリーSE求人サイトの仕事が1番条件が良い理由は、1次受け、2次受けの条件が良い仕事をたくさん抱えているということになります。

なぜ、ネットのフリーSE求人サイトがそれほど良質な仕事を抱えているかというと、人材が必要な会社が人材を集める時、ネットのフリーSE求人サイトに依頼をすれば、すぐに適した人材を用意してもらえるというメリットがあるからなんです。

たかが人材を集めるということに、依頼した会社の方も、いつまでも時間をかけているわけにはいかないんです。

早い話が、依頼した会社は、条件さえクリアすれば、どんな人材でも良い訳なんです。

でも、人材を集めるということは、集まらない時は全然集まらないんです。

その点、ネットのフリーSE求人サイトに依頼をすれば、ほぼ短期間で条件をクリアする人材を、用意することが可能なんです。

そう言ったことから、ネットのフリーSE求人サイトに人材募集の依頼が来る訳なんです。


システムエンジニア(SE)求人|1年分の収支報告を作成作業

SE システムエンジニア 求人

1年分の収支報告を作成すると言っても、大した作業ではありません。

もし、フリーSE以外の仕事をやっていなければ、入ってくる金額は1月に1回、1年で12回分の収入額を合計するだけですから。

それと、今度は出て行く金額を仕分けする必要があるのですが、自分1人分の仕分け作業なんか、高が知れています。

普段からそれぞれの科目毎に仕分けをしていれば、申告時に慌てることもありません。

もし、毎日仕分けをしていなくても、年に3日ほど時間をかければ、終わってしまう作業です。

私は、会計ソフトを使って、1年に1度、4〜5時間かけて、申告書を作成しています。

会計ソフトが無いと、3日位かかってしまうかもしれませんが、会計ソフトは無料なので、使わない手はありません。

この日は、面倒くさいですが、1年に1度の事と割り切って、作業を行っています。

税務署に個人事業主登録を行っている方は、「青色申告」、されていない方は「白色申告」で確定申告を行います。

2015年からは白色申告も、新たに提出書類が増えるようなので、益々会計ソフトは必要になると思います。

会計ソフトのベストセラー「弥生」が無料だったので、載せておきます。


関連ページ

SE FREE
システムエンジニアはフリーになることにより、自分で仕事を取ってきて、他のシステムエンジニアと同様にシステム開発に携わることになります。
最後の踏ん切りがつかない
多くのSE(システムエンジニア)が、フリーSEになる最後の踏ん切りがつかないと言います。しかし、彼らは、個別説明会で自分がもらえる単価を知ることにより、9割の人が踏ん切りをつけてフリーSEとして働いています。
FREELANCEとは?
フリーランスとは、個人事業主です。システムエンジニア(SE)の場合を例に解説します。
激務|FREELANCEだから乗り越えられた
システムエンジニアの仕事は相変わらず激務です。私は、最高の激務だった現場をフリーランスだったから乗り越えられました。
将来性
システムエンジニア、webデザイナー、itエンジニアの将来性に不安を持つ人がいます。そのような方に向けて不安材料を払拭できる説明をします。
女性|転職するならFREE
システムエンジニア(SE)をされている女性の方で、転職をお考えならフリーランスをおすすめします。
FREE seは5年目からがおすすめ
se(システムエンジニア)フリーランスの世界では、学歴等関係ありません。実力が物をいう世界です。4年間はじっくりと初めの会社で教育を受けて、5年目からフリーSEになるのがおすすめです。
ギークスジョブは50歳未満登録可
システムエンジニアフリーランスの仕事は、40歳を超えると激減すると言われています。「ギークスジョブ」は50歳未満まで登録可能です。
派遣ベースと受託ベース
システムエンジニアの仕事には、契約形態が派遣ベースと受託(在宅)ベースというものがあります。
受託ベースはプログラマーの仕事
seフリーランスの受託(在宅)ベースという契約形態は、一番面白くてやりがいのあるプログラマーの仕事です。
良質な仕事案件多数
Free Seの良質な仕事案件(求人情報)を多数抱えており、高額年収の契約者を多数排出しているサイトのご紹介。
転職
システムエンジニアをされている皆さん、フリーランスという選択肢もあるのをご存知ですか? 私が紹介したSEは、みんなフリーシステムエンジニアとして仕事をしています。
se受託モデル
私の友人は、フリーse受託(在宅)ベースの仕事をもとに、コンピュータ会社を設立しました。そのモデルを紹介します。
単価
システムエンジニアの仕事を、派遣ベースでしてきた私は、仕事を受けるか受けないかは月の単価が60万円を判断基準にしてきました。 |
SE FREE
「Free Se」の年収と求人。初めて「Free Se」なる時は、業界の相場がわからないと足元を見られる可能性があります。
se派遣ベースモデル
私はリスクを負いたくなかったので、フリーse派遣ベースで仕事をやってきました。
辞めたい は、FREELANCEのチャンス
システムエンジニア(SE)の仕事を辞めたいと、思った時がフリーランスになるチャンスです。
年収(給与)
システムエンジニア(SE)の年収(給与)は、決して良いものではありません。自分で増やして行く行動をしない限り、満足のいく金額にはなりません。
本当のピンチを乗り越える力は身に付ける
会社が潰れてしまった時、プロパーの経験しかない方はジタバタするだけで、転職するのが関の山です。その点、フリーSEなら、会社が潰れる心配も無いですし、次の仕事を探せばいいだけです。
今の給与で満足できていますか?
システムエンジニアの方は、今の給与で楽しく仕事ができていますか?現場に行くと周囲の社員は給与の不満ばかり言っています。仕事が楽しいと感じない限り必要とされる人材にはなれません。
未経験
システムエンジニア未経験の人がseになるには!?seになるのなら、こうするべきと有利な方法を提案します。
有識者になるために必要なこと
システムエンジニアの人は、有識者になるためには何が必要だと思いますか?