フリーSE(システムエンジニア)|最後の踏ん切りがつかない

フリーSEとプロパーSEどちらの人生が充実できるでしょうか?

私は、システム開発の現場では、多くのSE(システムエンジニア)から、FREE SEになる方法を訊かれます。

それで、毎回ギークスジョブの無料相談を紹介しているのですが、最近はどうやら無料相談ではなく、無料セミナーに変わったようですね。

ということは、無料相談では追いつかなくなったということではないでしょうか!?

それほど、FREE SEに興味を持っている人が増えて来たということではないでしょうか?

私は、数々のSEにギークスジョブの無料相談を紹介してきましたが、多くのSEは無料相談に行く前は、フリーSEになる最後の踏ん切りがつかないと言います。

しかし、彼らは、ギークスジョブの無料相談で自分がもらえる単価を知ることにより、9割の人があっさりとケリをつけ、FREE SEとして仕事をしています。

私から言わせると、「それまでの悩みは何だったの?」

「結局は金かよ!!」とも思いますが、多くの悩みは結局金で解決するものです。

多くのSEの悩みは、結局FREE SEになると将来何の保証もないので、老後の不安とか、将来路頭に迷ってしまうかもしれないという不安からのものだと思います。

しかし、今のままプロパーのSEに収まっていても、終身雇用の保証はどこにも無いと思います。

忠誠を誓える会社なら別ですが、転職を考えているような会社には、定年まで居られるわけがないじゃないですか!!

もしも、一生の保証が必要なら、強靭な精神力や行動力を身につけることです。

世の中を甘く考えているようでは、一生SEでやっていくということは困難だと思います。

FREE SEとして30年以上やってきた私は、現在フリーSEでやってきた資金を元に、現在は事業を開始しています。

就職をした当初は、将来のやりたい事が決まらず仕舞いでたまたま入社したコンピュータ会社でした。

給料が安かったので、転職をしたのですが、それがたまたまフリーSEだったんです。

その後は、フリーSEでたくさんもらえる給料を貯金して、事業を始めたんです。

長いことフリーseをやってきた中で、とうとう将来やりたいことというものを見つけることができました。

だから、事業資金は十分で、フリーSEという立場から身に付けた強靭な精神力と行動力があるので、これからの世の中、何をやってもうまくいくんです。

よく、将来やりたいものが見つからないとか、夢を持っていないので何になりたいかがわからないというじゃないですか?

高校は、自分の専攻先が決められない人が普通科へと進みます。

でも、大学は専門過程となっているので、既に将来の行く末、自分がどの道に進まなければならないかがある程度特定されてくるんです。

私は、将来何になりたいのか、全く夢も希望もありませんでした。

しかし、中学校時代に行っていた学習塾の先生が、「将来楽をしたければ、高校は付属校に行け!!」と、教わったので、私は付属校しか受験をしませんでした。

勿論、普通科に進学したんです。

そのまま大学に進学するつもりでしたが、やる気が無い私は9割方大学に進学できる付属校で落ちこぼれてしまったんです。

毎日朝のバス停で揃ってしまう、マージャンのメンツで、そのまま雀荘に直行していたので、落ちこぼれてしまうに決まっているじゃないですか!!

親から優秀な弟の方にお金を掛けたいと言われたので、私は快く就職をしたんです。

弟は優秀なので、そのまま順当に出世をして行きました。

私はというと、紆余曲折ありましたが、どうやらやっと人前に誇れるような成果を見出すことができました。

これも一重に、フリーSEで身に付けた、強靭な精神力と行動力のお陰です。

人間、歳を取るとやる気が徐々に失せてくるんです。

しかし、強靭な精神力を身につけることにより、将来現役で仕事を続けることができるんです。

将来現役がいいか、定年まで勤め上げて、その後隠居をするのがいいか、どちらがマシな生き方かは考えるまでもないでしょう。

隠居なんか、1週間もあれば十分です。

その後は、退屈な毎日に持てあますだけですよ!!

そのままプロパーで収まっていると、途中何かをしたくても中々行動することができませんが、フリーSEという立場だといつでも好きな事を気楽に始められるというメリットがあるんです。

何かを起業する敷居の高さというか、柔軟性が全然違うんです。

私は、そのような事からも、フリーSE推進派です。

将来どっちの人生にやりがいがあるのか?

楽しい人生はどっちなのか?

充実した人生を送ることができたか?

自ずと答えは、見えて来たのではないでしょうか?

私は、これから海の傍で毎日釣りとバーベキュー三昧のセカンドライフに突入します。

関連ページ

SE FREE
システムエンジニアはフリーになることにより、自分で仕事を取ってきて、他のシステムエンジニアと同様にシステム開発に携わることになります。
FREELANCEとは?
フリーランスとは、個人事業主です。システムエンジニア(SE)の場合を例に解説します。
激務|FREELANCEだから乗り越えられた
システムエンジニアの仕事は相変わらず激務です。私は、最高の激務だった現場をフリーランスだったから乗り越えられました。
将来性
システムエンジニア、webデザイナー、itエンジニアの将来性に不安を持つ人がいます。そのような方に向けて不安材料を払拭できる説明をします。
女性|転職するならFREE
システムエンジニア(SE)をされている女性の方で、転職をお考えならフリーランスをおすすめします。
FREE seは5年目からがおすすめ
se(システムエンジニア)フリーランスの世界では、学歴等関係ありません。実力が物をいう世界です。4年間はじっくりと初めの会社で教育を受けて、5年目からフリーSEになるのがおすすめです。
ギークスジョブは50歳未満登録可
システムエンジニアフリーランスの仕事は、40歳を超えると激減すると言われています。「ギークスジョブ」は50歳未満まで登録可能です。
派遣ベースと受託ベース
システムエンジニアの仕事には、契約形態が派遣ベースと受託(在宅)ベースというものがあります。
受託ベースはプログラマーの仕事
seフリーランスの受託(在宅)ベースという契約形態は、一番面白くてやりがいのあるプログラマーの仕事です。
良質な仕事案件多数
Free Seの良質な仕事案件(求人情報)を多数抱えており、高額年収の契約者を多数排出しているサイトのご紹介。
転職
システムエンジニアをされている皆さん、フリーランスという選択肢もあるのをご存知ですか? 私が紹介したSEは、みんなフリーシステムエンジニアとして仕事をしています。
求人
ネットのフリーSE求人サイトが、良質な仕事を大量保有している理由を解説。
se受託モデル
私の友人は、フリーse受託(在宅)ベースの仕事をもとに、コンピュータ会社を設立しました。そのモデルを紹介します。
単価
システムエンジニアの仕事を、派遣ベースでしてきた私は、仕事を受けるか受けないかは月の単価が60万円を判断基準にしてきました。 |
SE FREE
「Free Se」の年収と求人。初めて「Free Se」なる時は、業界の相場がわからないと足元を見られる可能性があります。
se派遣ベースモデル
私はリスクを負いたくなかったので、フリーse派遣ベースで仕事をやってきました。
辞めたい は、FREELANCEのチャンス
システムエンジニア(SE)の仕事を辞めたいと、思った時がフリーランスになるチャンスです。
年収(給与)
システムエンジニア(SE)の年収(給与)は、決して良いものではありません。自分で増やして行く行動をしない限り、満足のいく金額にはなりません。
本当のピンチを乗り越える力は身に付ける
会社が潰れてしまった時、プロパーの経験しかない方はジタバタするだけで、転職するのが関の山です。その点、フリーSEなら、会社が潰れる心配も無いですし、次の仕事を探せばいいだけです。
今の給与で満足できていますか?
システムエンジニアの方は、今の給与で楽しく仕事ができていますか?現場に行くと周囲の社員は給与の不満ばかり言っています。仕事が楽しいと感じない限り必要とされる人材にはなれません。
未経験
システムエンジニア未経験の人がseになるには!?seになるのなら、こうするべきと有利な方法を提案します。
有識者になるために必要なこと
システムエンジニアの人は、有識者になるためには何が必要だと思いますか?