フリーランスとは?|システムエンジニア(SE) の作業

フリーランスとは?|システムエンジニア(SE)の作業

システムエンジニア SE 作業

フリーランスとは、個人事業主という意味です。

個人が会社という位置づけで、会社が組織で行っている通常業務をすべて1人で行います。

とは言っても、すべてが1人分の内容なので、言うほど大した作業ではありません。

以下に、SE(システムエンジニア)の場合を例に、解説します。


営業

システムエンジニア SE 作業

システムエンジニアに限らず、フリーランスの場合、まずこなすべき仕事を取って来なければなりません。

会社では、営業を担当する人間がいて、お得意さん廻りをして仕事を取って来ることを行いますが、それと同じことをフリーランスでも行わなければなりません。

しかし、SEの場合、「ギークスジョブ」などのようにネットでフリーランスのSEの仕事を求人しているサイトがあるので、そのようなところと契約をして、仕事を斡旋してもらえます。

幸い、「ギークスジョブ」は、業界最大手の良質な仕事をたくさん抱えている、フリーランスSEのネット求人サイトです。

これからフリーランスとして、SEをやっていこうと思っている方が、「ギークスジョブ」と契約ができたなら、それは最高の幸運ということが言えます。

しかし、「ギークスジョブ」などの営業窓口が、1つだけというのは、少々心細過ぎます。

いつどうなるかわからないので、営業窓口はSEの作業をやっている間にも、ある程度増やしておく必要があります。

そういう意味で、ネットの良質な仕事を抱えているサイトというものを左記に用意しました。

これらには、すべて登録しておいた方がいいと思います。

また、SEの作業を派遣で行う場合、現場では色々な会社の人が出向して作業に当っていると思います。

一緒に同じ作業を行う仲間なので、仲良くなってくることでしょう。

そのような時に、自分がフリーランスであることを明かし、仲間の会社がフリーランスに仕事を紹介してくれる会社かどうかを訊き出して、もしフリーランスの仕事も扱っているような会社なら、営業の方を紹介してもらいます。

このようにして、営業窓口を増やしてしきます。


SE(システムエンジニア)の作業

システムエンジニア SE 作業

無事に営業で仕事が取れて、契約が完了すると、SEの場合システムの開発作業を行います。

派遣ベースの現場では、他の会社から出向しているSEとチームを組んで、現場での指示された作業に従事します。

受託(在宅)ベースでは、自分の家で作業に従事することになると思います。

受託ベースで受けた仕事は、主にソフトの開発作業になります。

受けた仕様書の通りのプログラムを開発し、コーディング作業が完了した場合、テスト環境が無ければ、派遣と同様に現場に出向して、テスト作業を完了します。

指示された納品物を納品し、初めて作業が完了します。

納品期日が守られなかった場合、納品が出来ない場合があるので、納品期日は何があっても厳守しなければなりません。


請求

フリーランスとは

派遣ベースの場合、毎月指示された作業をこなしていれば、指定の月単価の金額を毎月受け取ることができます。

しかし、企業によって支払いサイトというものがあって、支払日が指定されています。

例えば、20日締めの翌々月の10日払いという時は、50日サイトと言って、50日後に作業代金を受け取ることになります。

受託ベースの場合は、作業が完了した時点で、賃金を受け取ることができます。

受託ベースの場合、期間が3ヶ月設けられていたとして、納期をフルに使って納品した場合、賃金は開発を始めてから3か月後に入金となります。

受託ベースでは、納品する時に請求書に3ヶ月分の金額を記入して、一括請求になります。

派遣ベースの場合、毎月の作業が終了する度に請求書に1ケ月分の作業代金をきじゅつして、請求します。

請求書は、市販の請求書を使用するのが一般的ですが、会社によっては独自のフォーマットで全てワープロによって記述されたものを受け取るところもあります。

受け取った請求書に、捺印をして控えのコピーを取り、原本を請求先に提出します。


決算(確定申告)

フリーランスとは

会社では、1年に1度決算処理というものを行います。

大きな会社では、年に2回の決算処理を行うところもありますよね。

フリーランスも個人事業主、所謂会社なので、決算報告(確定申告)をしなければならないんです。

1年の収支を報告するわけですが、慣れないと最初は少し時間がかかってしまうかもしれません。

しかし、SEの場合、入って来るお金は派遣だと年に12回、受託ではさらに少ない回数となるので、後は支出の金額を仕分けする作業がメインとなります。

自分1人分の収支決算となるので、それほど大変な作業ではないと思います。

私の場合、ほぼ2日で作業を完了しています。

普段から帳簿をつけることを習慣にすることで、決算期に慌てなくても済むようになりますが、私の場合、決算期に入ってから慌てて作業に取り掛かるのが恒例となっています。


関連ページ

SE FREE
システムエンジニアはフリーになることにより、自分で仕事を取ってきて、他のシステムエンジニアと同様にシステム開発に携わることになります。
最後の踏ん切りがつかない
多くのSE(システムエンジニア)が、フリーSEになる最後の踏ん切りがつかないと言います。しかし、彼らは、個別説明会で自分がもらえる単価を知ることにより、9割の人が踏ん切りをつけてフリーSEとして働いています。
激務|FREELANCEだから乗り越えられた
システムエンジニアの仕事は相変わらず激務です。私は、最高の激務だった現場をフリーランスだったから乗り越えられました。
将来性
システムエンジニア、webデザイナー、itエンジニアの将来性に不安を持つ人がいます。そのような方に向けて不安材料を払拭できる説明をします。
女性|転職するならFREE
システムエンジニア(SE)をされている女性の方で、転職をお考えならフリーランスをおすすめします。
FREE seは5年目からがおすすめ
se(システムエンジニア)フリーランスの世界では、学歴等関係ありません。実力が物をいう世界です。4年間はじっくりと初めの会社で教育を受けて、5年目からフリーSEになるのがおすすめです。
ギークスジョブは50歳未満登録可
システムエンジニアフリーランスの仕事は、40歳を超えると激減すると言われています。「ギークスジョブ」は50歳未満まで登録可能です。
派遣ベースと受託ベース
システムエンジニアの仕事には、契約形態が派遣ベースと受託(在宅)ベースというものがあります。
受託ベースはプログラマーの仕事
seフリーランスの受託(在宅)ベースという契約形態は、一番面白くてやりがいのあるプログラマーの仕事です。
良質な仕事案件多数
Free Seの良質な仕事案件(求人情報)を多数抱えており、高額年収の契約者を多数排出しているサイトのご紹介。
転職
システムエンジニアをされている皆さん、フリーランスという選択肢もあるのをご存知ですか? 私が紹介したSEは、みんなフリーシステムエンジニアとして仕事をしています。
求人
ネットのフリーSE求人サイトが、良質な仕事を大量保有している理由を解説。
se受託モデル
私の友人は、フリーse受託(在宅)ベースの仕事をもとに、コンピュータ会社を設立しました。そのモデルを紹介します。
単価
システムエンジニアの仕事を、派遣ベースでしてきた私は、仕事を受けるか受けないかは月の単価が60万円を判断基準にしてきました。 |
SE FREE
「Free Se」の年収と求人。初めて「Free Se」なる時は、業界の相場がわからないと足元を見られる可能性があります。
se派遣ベースモデル
私はリスクを負いたくなかったので、フリーse派遣ベースで仕事をやってきました。
辞めたい は、FREELANCEのチャンス
システムエンジニア(SE)の仕事を辞めたいと、思った時がフリーランスになるチャンスです。
年収(給与)
システムエンジニア(SE)の年収(給与)は、決して良いものではありません。自分で増やして行く行動をしない限り、満足のいく金額にはなりません。
本当のピンチを乗り越える力は身に付ける
会社が潰れてしまった時、プロパーの経験しかない方はジタバタするだけで、転職するのが関の山です。その点、フリーSEなら、会社が潰れる心配も無いですし、次の仕事を探せばいいだけです。
今の給与で満足できていますか?
システムエンジニアの方は、今の給与で楽しく仕事ができていますか?現場に行くと周囲の社員は給与の不満ばかり言っています。仕事が楽しいと感じない限り必要とされる人材にはなれません。
未経験
システムエンジニア未経験の人がseになるには!?seになるのなら、こうするべきと有利な方法を提案します。
有識者になるために必要なこと
システムエンジニアの人は、有識者になるためには何が必要だと思いますか?