Free Se 年収・求人

現場のseは現在の給与(年収)に満足していない

se(システムエンジニア)の皆さんは、今の給与(年収)に満足をしていますか?

私は、最初に務めた会社に2年間お世話になりましたが、退職をしました。

給与が安過ぎたため、生活がままならなかったからです。

私の場合は、高卒でコンピュータ会社に就職をしたので、給与は人一倍安い金額でした。

3年目からフリー(フリーランス)のseとして、仕事を始めたのですが、3年目にして要約1人で生計が立てられる状態になりました。

現在、フリーランスとして30年も経過してしまいましたが、未だに現役でseの仕事を継続しています。

さまざまな現場で仕事をしてきましたが、現場では「フリーseになるには、どうすればいいんですか?」と、若い社員から度々訊かれます。

話しを訊くと、みんな自分の給与に満足していないようなんです。

現場では、seの仕事をもう何年もやっているのに、フリーになる方法がわからないという人が、たくさんいることがわかりました。

フリーseの相場を知らなければ足元をみられる可能性がある

私は、「フリーseになりたい」という人に対して、「ギークスジョブ」を紹介しています。

それはなぜかというと、初めてフリーになる場合、業界の相場というものがわからなければ、希望金額を訊かれた時に、安く言ってしまう可能性があるんです。

実は、私も初めてフリーseとして仕事を契約した時に、契約先の会社から希望額を訊かれたんです。

それまで、私がもらっていた給与は1ケ月10万円いくかいかないかという金額でした。

求人雑誌で探した契約先だったのですが、そこには「経験者優遇、月給25万円以上」と、書かれていました。

私にとって、25万円以上という金額はとても魅力的な金額で、本当にもらえる金額だとは思っていませんでした。

私は、思い切って「25万円希望します」と、そこでは述べたのですが、あっさりとその金額で決まってしまったんです。

実際に、その金額で現場に出向し、私と同じフリーseとして仕事をしている人と契約金額について教え合ったのですが、当時の私の相場としては35万円が妥当だったということがわかりました。

私は、月単価10万円も安い金額で契約をしてしまいました。

このように、足元をみてくる会社というものは、5次受け、6次受け等のあまり良質な仕事が廻って来ないような会社にありがちなんです。

その点、「ギークスジョブ」では、1次受け2次受けの良質な仕事を大量に抱えており、足元をみるようなことが無いので、おすすめしています。

また、「ギークスジョブ」では、無料相談というものが無料で受けられるので、事前に自分の今のスキル(経歴)では、幾らの仕事に就くことができるのかを確認することができます。

無料相談では、契約金額の確認だけでなく、その他フリーseになるに当たって、わからないことをすべて確認することができます。

フリーseの求人案件は良質なものを受けないと損をする

「ギークスジョブ」は、業界最大手で良質な仕事をたくさん抱えています。

良質な仕事というのは、発注元に近いところの仕事を指します。

se業界の仕事というのは、知っている人はご存知かと思いますが、10%営業手数料を取ることが常識となっています。

発注元では、100万円で出された仕事が、1次受けでは営業手数料という名目で10万円の中間マージンを取ります。

なので、1次受けのところから仕事を受けると、seは1ケ月90万円の仕事に就けることになります。

これが、2次受けになると、90万円から10%の営業手数料を取るので、9万円の中間マージンを取ることになります。

従って、seの契約金額は81万円ということになります。

このように、各会社では自分の会社をトンネルさせるだけで、10%の営業手数料を取ってしまうのです。

如何に、発注元に近い場所で仕事を受けなければ、損をするということがおわかり頂けると思います。

「ギークスジョブ」が良質なseフリー求人案件を抱えている理由

「ギークスジョブ」が、なぜたくさんの良質なseフリー求人案件を抱えていると思いますか?

それは、フリーse会員数の多さと信用があるから良質なフリーse求人案件を抱えることができるんです。

仕事を発注する会社側の立場に立ってみれば、そのことは容易に理解することができます。

仕事を発注する会社側にすると、この仕事はこれくらいの人材を確保しなければならないと発注する場合、あらゆるスキル(経歴)を持っている人材をたくさん確保している「ギークスジョブ」に発注をすれば、すぐに適任な人材を用意してもらえるんです。

勿論、仕事を発注する会社の取引先の会社にも求人情報を投げるでしょう。

けれども、取引先の会社よりも圧倒的な人材を確保している「ギークスジョブ」の方が全然有利なんですよ。

発注側の会社の方も、人材確保などということに無駄な時間は費やしたくないんです。

いつまでも人材を確保できないような状態は、無駄にスケジュールを遅らせることになってしまい、絶対に避けなければいけない状態なんです。

そのような理由から、「ギークスジョブ」は人材確保を発注する会社側にとっても、非常に便利なサイトなんです。

これで「ギークスジョブ」が如何に良質な求人を抱えているかという理由がわかったと思います。

会員になったら絶対に信用を落としたくないサイトです。

リーマンショックの時1週間で仕事先が決まりました

私が「ギークスジョブ」を知ったのは、今から7年前のことでした。

丁度仕事がカットオーバーを迎え、次の仕事を探している時でした。

その時見事にリーマンショックの事件が起きたんです。

世の中が一斉に不景気になり、私は次の仕事に半年近く就くことができなかったんです。

1度、普段では考えられない程の安い仕事に面接に行ったのですが、その安い仕事にはたくさんの人が群がっていたんです。

残念ながらスキルに適性が無い私は見事に落とされてしまったのですが、結果的に落とされて大正解だったんです。

私は今まで培ってきた自分の営業窓口をフルに使っても、仕事が一切決まりませんでした。

そして、友人が心配をして、「ダメ元で登録してみてはどうですか?」と言って、紹介してくれたのが「ギークスジョブ」だったんです。

登録してから1週間で見事に仕事先が決まりました。

それも、仕事の量が絶対に減っている時期に、普段よりも良い単価の仕事がですよ!!

その時、私が思ったことは、「なぜ、ネットのseフリーランス求人サイトの方が、良質な仕事を抱えているの?」ということでした。

そんなこと、全然想像もつきませんでした。

それ以来、私は「ギークスジョブ」1本で仕事をしています。

只、幾ら良質な仕事をたくさん抱えている「ギークスジョブ」でも、それだけというのはとても危険な話です。

他にも良質な仕事を抱えているサイトはあるので、登録はしておいた方が良いと思います。

いつ、何が起こるかわからないので。

後は、現場で仲良くなった別の会社の人に営業担当の方を紹介してもらい、営業窓口を増やしていけば、さらに安定したseフリーランス人生を送ることができるでしょう。