将来性|システムエンジニア・webデザイナー・itエンジニア

システムエンジニア・webデザイナー・itエンジニア|将来性

システムエンジニア・webデザイナー・itエンジニア|将来性

システムエンジニア・webデザイナー・itエンジニアをやっている方で、将来性が不安という方がいるようです。

しかし、コンピュータ関係の仕事というのは、これからも半永久的に続くでしょうから、仕事自体が無くなるという不安はないでしょう。

問題は、歳をとって来た時に新しいことが若い時のように、憶えられないということはあるでしょう。

それは、年齢的にしょうがないことです。

コンピュータの世界は、日進月歩、常に形を変えながら、より効率的に進化しています。

そのような体質のものを若い人と一緒に勝負をしても、鼻から結果が出ています。

どの業界もそうですが、システムエンジニアの世界も年齢を重ねて行くに連れて、チームのまとめ役にシフトしていきます。

しかし、ある程度大きな会社に所属をしていなければ、収入は一向に伸びて行きません。

勿論、それは正社員のお話ですが、その会社に骨をうずめようと頑張っていても、役に立たなくなればそれでお仕舞いです。

終身雇用などというものは、保証されるものではないんですよ。

安い給与で、こき使われて、挙句の果てには「はい、さようなら」では、後は路頭に迷うだけです。

会社から与えられた仕事をこなしてきただけの人が、いい歳で追い出されても何にもできないでしょう。

自分で仕事を探すことさえ、わからないのではないですか?

職安に行ったって、気が進まないような会社に再就職するだけですよ。


システムエンジニア フリーランス 理想モデル

システムエンジニア・webデザイナー・itエンジニア|将来性

私は、システムエンジニアの仕事をフリーランスで30年以上、続けてきました。

自分のことを振り返りながら、理想のフリーシステムエンジニアの道というものを紹介したいと思います。

コンピュータ関連会社に就職

システムエンジニアになりたいということが前提なら、やっぱりコンピュータ関連会社に就職をするでしょう。

大手のディーラーやメーカー、ソフトハウスに就職ができ、給与に不満がなければ、そこに骨をうずめる覚悟で働き続ければいいでしょう。

しかし、その会社に何も魅力が感じれなかった場合、いるだけムダだと思います。

でも、その会社で最低3年は教育を受けたり、リーダーを体験し、技術を身につけます。

フリーランスとして仕事を受ける

会社を退職し、フリーランスとしてシステムエンジニアの仕事を契約します。

この時、「ギークスジョブ」で無料の無料相談を受けて、フリーランスについてわからないことや、自分のスキル(経歴)から、いくら位の仕事を紹介してもらえるかを確認します。

なぜ、「ギークスジョブ」かというと、契約金額の足元をみてくる会社がたくさんあるので、業界一優良な仕事をたくさん抱えている「ギークスジョブ」で、査定してもらった方が、より良い仕事に就くことが出来るからです。

3年以上以前の会社で教育を受けていれば、フリーランスとしても、そこそこの金額で仕事が受けられると思います。

若いうちはいくらでも仕事はある

若いうちは、幾らでも仕事の口はあります。

ある程度年齢がいっても、現場で好かれれば、仕事の方はいくらでもついてきます。

私は、現在50歳を超えていますが、未だに以前務めた現場から仕事の誘いを受けています。

現場とは、優秀な社員というよりも、より仲良くできる社員の方が誘われ易いんです。

なるべく円滑に作業が勧められる環境を優先するので、いくら優秀でも世間話ができて面白い社員の方が優遇されるんですよ。

勿論、仕事の方も人並みにこなすことができるというのが、最低条件です。

40歳の声を訊く頃までは、何不自由なく、仕事は続けられるでしょう。

しかし、40歳を超える頃には、若干仕事の量が減って来ると思います。

システムエンジニア フリーランスは通過地点

フリーランスが最終地点と考えるから不安になるんです。

40歳から仕事が減るのであれば、それまでにお金を貯めて、別のことをやればいいじゃないですか?

高卒で、22歳から40歳まで、フリーランスとして、システムエンジニアの仕事に従事した場合、19年もフリーランスの仕事ができるんですよ。

大卒だと、26歳から40歳までの15年間、仕事を続けることができます。

フリーランスなので、正社員のようにお金を使っても、月に30万円は貯金をすることができるでしょう。

年間、約360万円も貯金をすることができ、40歳まで高卒では5700万円、大卒で4500万円の貯金が貯まるんですよ。

それを元手に、40歳からは自分で事業を展開することができるでしょう。

世の中の大人は、そのような資金がないから事業を始めたくても始められない人が山といます。

自転車操業的に事業を始めても、失敗する人が大半です。

フリーランスをやってきたことにより、会社としてのやり方は、普段の作業で身についているんですよ。

そのまま会社に所属をしていて、40歳でお払い箱になった人はただ作業をしてきただけで、お金も無ければ仕事の探し方さえ、身についていないんです。

事業開始

現在、将来何をやりたいか、事業の発想が無い人も、20年間働いていくうちにはやりたいことも見つかるでしょう。

システムエンジニアの仕事が天職だと思った人は、そのまま今の仕事を続ければいいし、事業資金を元手にコンピュータ会社を設立するのもいいじゃないですか。

フリーランスで仕事をしてきたので、仕事の契約の仕方や納税の仕方など、会社がやらなくてはならない作業は一通り身についているんです。

十分過ぎる事業資金もあるので、資金の調達等にあくせくする心配がないので、落ち着いて事業の方に専念することができるんです。

システムエンジニアの仕事のブローカー

フリーランスで、システムエンジニア・webデザイナー・itエンジニア等をやっていると、時々契約先の会社から「このような人材を探してくれ!」という依頼が入ることがあります。

期待通りの人材を探すことにより、一時金或いは毎月の金額が数万円程度増えるんです。

私がこのサイトで言っている、営業手数料という名目で中間マージンをはねるということと一緒です。

そのような方法で、ブローカーとしてやっている人も、私の知り合いにはいます。

1人頭5万円の営業手数料をもらえれば、10人抱えることで毎月50万円の収入が入って来るんですよ。

十分に食べて行ける金額ですよね。

このような方法で将来食べて行くということができるのも、フリーランスをやってきたことによりわかることなんですよ。

プロパーでは、このようにお金を稼ぐ方法もわかりませんから。

フリーランスというのは、個人事業主であり、1つの会社扱いなのでこのようなことも可能なんですよ。

ブローカーの仕事は、自分が現役でシステムエンジニアとしてやりながらでもできる作業です。

特に推薦しているわけではありませんが、将来ブローカーで食べて行こうと思っている方は、現場で多くのフリーランス、システムエンジニア・webデザイナー・itエンジニア等と知り合いになり、名簿管理をしておくことをオススメ致します。

システム開発の現場では、常に技術者は不足していて、これは将来も当分変わることは無いでしょう。



ギークスジョブ


page top