年収(給与)|システムエンジニア(SE)

システムエンジニア 年収(給与)

システムエンジニア 年収(給与)

システムエンジニアの年収(給与)というのは、作業の割には大した事ありませんよね!?

勿論、会社にも依りますが、入社して実際に手にする給与の安さにガッカリする人がとても多いのは事実です。

会社としてユーザーから直で仕事を受けられる、メーカーやディーラーは1人辺りの単価も良いので、その分社員の給与も良いですが、そのような会社はほんの一握りです。

大半の会社のシステムエンジニアは、ユーザーから直で仕事を受けている会社の助太刀的にシステムエンジニアの技術を提供しているに過ぎないんです。

メーカーやディーラーでは、ユーザーとの1人当たりの高額単価の契約金をごっそりとピンハネをしてしまい、契約会社とのSE単価はユーザーとの契約単価よりも格段に安くなってしまうんです。

それでも未だ、収入的にうまみがあるので、技術者を提供するだけのソフトハウスがたくさんあります。

でも、そのソフトハウスの目標は、果たしてどこにあるのでしょう?

いずれは、自分の会社のシステムエンジニアを優秀な人材に育て上げて、ユーザーから直接仕事が取れるような会社に変えて行こうと考えているのでしょうか?

応えは、ノーです。

中堅会社が、直でユーザーを抱えることができるようになるのは、ある程度のお金も必要ですし、優秀なシステムエンジニアをある程度揃える必要があるので、中々実現できないというのが現実です。

だったら、そのような会社に所属している、システムエンジニアのメリットは何なのでしょう?

会社に属しているというだけで、取引先の会社は信用があると判断するので、フリーランスの社員と比較をする時は、優先的に会社に所属しているシステムエンジニアを選びます。

何かあった時、フリーランスでは代替の人材を用意することができないので、その違いによるものです。

しかし、違いというものはそれぐらいです。

それだったら、今いる会社にこのまま先も居続けるメリットは、どこにも無いじゃないですか?

システムエンジニアとしての技術が磨きたいのであれば、何も今の会社に所属していなくても、技術は磨けるでしょう。

気心の知れた仲間がいるから、居心地が良いなどと、言っている場合ではないですよ。

自分の将来を左右することなのですから。

今から有名メーカーやディーラー、或いは大きなソフトハウスに転職ができるのであれば、給与も上がる可能性はあります。

そのような企業に務めることができないのであれば、フリーランスとしてシステムエンジニアの仕事に従事した方が得策でしょう。

じゃないと、作業内容ともらえる賃金の割が合わないでしょう。


システムエンジニアに限らず何が何でも仕事は最後までやり通す

システムエンジニア 年収(給与)

システムエンジニアに限らず、日本で世の中を動かしている人はほんの5%に過ぎません。

後の人は、何かしらの指示を仰いで、それぞれの立場で考えながら行動しています。

どこの業界にも言えることですが、最終的に最も大事なのは行動力です。

何が何でも、課せられたノルマは必ず最後までやり通す、という意識とが大事です。

これが出来ない人に成功はありません。

システムエンジニアとして成功したければ、人一倍、仕事に向きあい課せられたノルマは必ず最後までやり通して行くことです。

そうすることにより、人よりも先に仕事の内容が理解できるようになり、仕事が面白くなってきます

人からは頼られる存在になり、時には質問攻めに遭って、自分の時間が取れなくなることもしばしば出てくると思います。

しかし、そのことを煙たがらずに相手をしてあげることにより、下からも慕われるようになり、初めてリーダーとしての存在感を認めてもらえるような存在になることができます。

中には、質問をうざがる有識者が存在しますが、そういう人は仕事全体を円滑に進めようという意識に欠けており、リーダーとしては失格です。

その現場では、重宝されますが、他の現場に行った時は有識者でも何でも無い状態になってしまい、誰からも相手をされないような存在になる可能性も!?


page top