良質な仕事案件(求人情報)・高額年収 多数|Free Se

フリーランスとは?(フリーランスの意味)

良質な仕事案件(求人情報)・高額年収 多数

フリーランスとは、個人事業主のことです。

会社に所属せず、個人で仕事を取ってきて(営業)、その仕事のノルマを自分でこなし(作業)、年度末には確定申告をする(決算)といった、会社が組織で行っていることをすべて自分でおこなうことをいいます。

会社に所属しないということから、フリーランスといいます。

フリーランスは、会社の維持費や保険等の掛け金、年金積立金等が差っ引かれない分、その分魅力的な収入が見込めます。

最近では、失業保険が強制される契約も増えており、そのような形態を「契約社員」と呼んでいます。

「契約社員」という形態で仕事を行うと、その仕事が終了して次の仕事に就けないような事態の時、失業保険を受け取ることができます。


フリーランス 仕事

良質な仕事案件(求人情報)・高額年収 多数

フリーランスの仕事というのは、「契約」という形態で仕事の契約を行います。

それには、契約書という形で、仕事の契約をするのですが、契約書には月あたりの単価や契約期間、その他諸々の条件が記述されています。

一般的には、契約書は2通作成され、1通は発注元、1通は自分用となっています。

契約書に一通り目を通し、内容に間違えや疑問点が無いことを確認した段階で、印鑑を捺印します。

発注元と契約者が2通の契約書に捺印をして、1通は自分用の控え、1通は発注元に返却します。

フリーランスでの仕事の契約では、契約書に収入印紙を貼らなければなりません。

収入印紙代は、契約金額によって、変わってきます。

契約期間が長くなると、収入印紙代もかなりの金額になります。

そのため、会社によっては3ヶ月毎に契約を区切て調整したり、収入印紙代を折半するようなところがあります。

例えば、月100万円の金額で1年契約だった場合、合計金額は1200万円になります。

1000万円を超えると、収入印紙代は2万円となります。(2015年5月19日現在)

これを3ヶ月毎の契約にして4回に分ければ、1回の契約書に貼る収入印紙は2000円で済みます。

2000円の4回分により、合計8000円となり、12000円の収入印紙代が節約されます。

これは、契約者側としては本来1年間の仕事が保障される契約が、3ヶ月毎に保障される契約になってしまうので、ひとつもいいことではありません。

しかし、業界では当たり前になっていることなので、もし1年分の契約書を作成してもらいたければ、収入印紙代の折半はやむをえないでしょう。

フリーランスとしてこなしていく、毎月の作業は一般の作業と何も変わりません。

契約書に基づいた作業を毎月こなしていくことになります。


フリーランス 案件(求人情報)

フリーランス|良質な仕事案件(求人情報)・高額年収 多数

フリーランスの案件(求人情報)というものは、間に会社が入る程、金額が安くなっていきます。

それは、間に入る会社が中間マージンを取ってしまうからです。

自分の会社経由で、仕事を紹介するだけで10%の営業手数料を取って、契約者と仕事の契約をします。

10%というのは、一般的な金額で、中には20%とるところもあれば、5%で留めてくれる会社もあります。

その案件情報を自分の会社をくぐらせながら、他の会社に投げるだけで10%の営業手数料を取ってしまうのですから、本来は許される行為ではありません。

しかし、業界では当たり前のように行われていることなので、契約をしてもらう側の立場の人が何か言ったところでどうしようもありません。

契約者は、あまり間に会社がはいっていないような、発注元に近いところの案件で契約をしなければ、バカをみてしまいます。

そういう意味で、私は発注元に近い案件をたくさん抱えている【ギークスジョブ】を、おすすめしています。

私は、初めてフリーランスになった時、契約先の会社に思い切り足元を見られて、安い金額で契約をしてしまった経験があります。

そのような会社と契約をしてしまうと、契約金額が簡単に10万、20万と安くなってしまいます。

ある程度業界にいれば、安い金額ということに気が付くのですが、これから始めてフリーランスを始めようという人には、業界の相場というものがわからないため、そのような案件にも飛び付き兼ねません。

そういう意味で、私は【ギークスジョブ】をおすすめしています。

【ギークスジョブ】では、これからフリーランスで仕事をしていこうと思っている方のために、無料相談を無料で行ってくれます。

業界の相場を知らない初心者の方は、無料の無料相談で自分の単価を知るということが大事な作業となります。


フリーランス エンジニア(se)・プログラマ

フリーランス|良質な仕事案件(求人情報)・高額年収 多数

私は、フリーランスでシステムエンジニア(se)という仕事に従事しています。

最初の2年間は、正社員として、コンピュータ会社に所属をしていました。

しかし、給与が安かったため、同期の殆どが1年後、2年後に辞めていきました。

私もその会社では、2年間お世話になりましたが、3年目からはフリーランスとしてシステムエンジニアになりました。

フリーランスで仕事ができるということは、ある意味チャンスでもあります。

大半の方が、会社に所属をしていて安定を求めます。

しかし、会社に所属をするということは、自分が強いられたことだけしか身につかないということなんです。

将来、何か自分でやっていこうと思う向上心があるのなら、私はフリーランスとして仕事の契約方法や、決算の方法、営業の仕方等を身に付けた方が得策だと思います。


フリーランス 年収

フリーランス|良質な仕事案件(求人情報)・高額年収 多数

フリーランスの年収は、とても魅力的なものがあります。

会社の維持費や保険等の掛け金、年金積立金等が差っ引かれない分、手元には正社員の頃には受け取ることができないような金額を手にすることになります。

しかし、当然、個人年金や国民健康保険等には加入しなければなりません。

その分を考慮しても、全然魅力的なものとなります。

後は、自分の技術を磨けば、収入だってどんどんと加速して行きます。

多い人では、1千万を超える年収の人もザラにいます。

よく、40歳を仕事が無くなると言う人がいますが、技術がある人は仕事が無くなるわけがありません。

60歳を過ぎても、第一線でバリバリと仕事をこなしている人もいるのが現実です。

ただ、40歳を過ぎると、仕事案件が激減するというのは事実です。

私は、何もフリーランスとして、その業界で一生を終えなくても良いのではないかと考えます。

フリーランスを将来のための投資の手段と考えれば、フリーランスで人よりも多く得た収入を元手に、自分で事業を展開すればいいのではないかと思います。


page top