se契約社員とは|メリットは失業保険・源泉徴収・対象は派遣社員

メリットは失業保険・源泉徴収・対象は派遣

SE(システムエンジニア)

SE(システムエンジニア)のフリーランスにも、契約社員という作業形態があります。

作業形態は、どういうものかというと、失業保険に加入することが強制されている作業形態です。

また、契約先の会社から源泉徴収をされていました。

私もこのような作業形態で仕事をしたのは初めてだったのですが、私の場合はその仕事が切れた後、約6ヵ月間失業保険をもらうことができました。

その時は、次の仕事が6ヵ月間見つからなかったからです。

なぜ、私がこのような作業形態で仕事をしたかというと、その時は仕事を依頼する大元の会社からに要請で、強制されたからです。

失業保険の掛け金が、毎月の金額より、差し引かれますが、私は6ヵ月間次の仕事に就くことができなかったので、フルに失業保険を有効利用させていただきました。

源泉徴収の方は、年度末に申告をすることにより、天引きされた金額より幾らかの戻りが発生しました。

契約社員という作業形態は、主に派遣ベースの時に有効となってくるものなので、受託ベースにはあまり関係ないものだと認識しています。

従いまして、作業形態は、派遣の人だけが対象となるのだと思います。

有給休暇については、契約書に書かれている内容となります。

私の場合は、1月に1度有給休暇を取っても良いとという内容でした。

私の場合は、たまたま次の仕事を6ヵ月間決まらなかったので、その間の失業保険は非常に助かりましたが、若い人はすぐに次の仕事が見つかると思います。

なので、若い時に契約社員をするのは、得策ではないと思われます。

契約自体、大元の会社から強制されるものなので、自分ではとやかく言えるような体質のものではありません。

しかし、もしも契約社員の契約と、失業保険の加入が強制されない普通のフリーランスの契約を選ぶようなことがあったとしたら、私はフリーランスとしての契約先を選んだ方が良いと思います。

次の仕事が中々決まりそうも無い年齢の人には、契約社員の方が全然オススメです。


良質な仕事(高額案件)多数 フリーランス求人サイト