40代のシステムエンジニア |ギークスジョブは50歳未満登録可

システムエンジニア 40代|ギークスジョブは50歳未満登録可

システムエンジニア 40代 50代

システムエンジニア、フリーランスの仕事は、40歳を超えると激減すると言われています。

自分が持てる営業網は、できるだけ広く張り巡らせておく必要があります。

「ギークスジョブ」には、登録されましたか?

「ギークスジョブ」は50歳未満まで登録が可能です。

登録さえしておけば、信用を落とさない限り50歳を超えても、仕事にありつくことは可能でしょう。

私は、主に事務計算の処理が得意分野なのですが、俗にいう汎用機の世界が主です。

汎用機というと、COBOLを始め、PL/1、アセンブラーなどの言語経験者が求められますが、それらの言語は若い人で身につけている人材が非常に少ないんです。

なので、これらの人材は、逆に希少なんです。

PL/1に至っては、IBMがすべてのサポートを打ち切った言語なのですが、未だにPL/1で作成された古い資産が稼働している状況です。

汎用機は、そもそもいずれすたれると言われて、早10年以上。

未だに、汎用機無しでは考えられないのが、事務計算の世界です。

だから、未だ未だ40代がやらなければならない仕事が山ほどあるんですよ。

それに対して、COBOL、PL/1、アセンブラー等の言語は専門学校でさえ、教えるところも少なく、若い人たちが育つと言った環境さえ無くなっている状況です。

汎用機のアセンブラーは、未だにニーズが求められている状況です。

汎用機のアセンブラーが解読できて、プログラミングができてしまうという人材は恐らく食いっぱぐれがないのではないでしょうか?

それほど、希少でニーズが求められているんですよ。

例え、50歳を超えていても、アセンブラーができる人材であれば、「ギークスジョブ」でも登録を受け入れてくれるかもしれませんね!?

スキルによっては、歳なんか関係無いというところもあるので、そのようなスキルは目立つようにスキルシートには記述しておくべきです。

とは言っても、40代にもなってフリーランスをやっているということは、何か自分でやりたいことが見つからなかったということなのでしょうか?

それとも、生涯フリーランスでやっていける自信の現れなのでしょうか?

やりたいことが見つからなかったという人は、このままフリーランスを続けるのは危険だと思います。

50歳までは、何とか仕事にありつけることができるかもしれませんが、50歳以降は中々見つけることができないかもしれませんよ。

そのような方は、転職先を見つけた方が良いかもしれませんね。

「ギークスジョブ」は、以前転職の方の相談にも乗ってくれたのですが、「エンジニアナビ」の頃の話なので、現在はどうなっているかは不明です。

もし、そのような相談に乗ってもらいたいと思うのなら、その旨どこかに目立つように書いてみてはどうでしょう?

世の中、何でも不安に思うことがあるのなら、乗ってもらえる相談には乗ってもらって、不安材料を払拭していくことが、自分の負担を和らげてくれるので、その方が良いと思いますよ。



ギークスジョブ


page top